スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

アルビ稚魚崩壊

アルビ稚魚も稚魚ケースで1ヶ月を向かえそろそろ
水槽内に放そうと思っていた矢先、
(おそらく)エサのやりすぎによる水質の悪化でエロモナスにかかり
十数匹がほぼ壊滅になってしまいました…
同居していたフィールフレックの稚魚12匹はまったくの無傷。
なんででしょう?
残念で仕方ありあせん。
その時、親アルビは咥えていたのですが、隔離する気分になれず
3日後に食卵。
新年早々ブルーな気分になりました。
根性が違うんですよ。

ガリガリなおっさんは元気にエサを奪い合ってます。
もっと太って若返ってね。
おっさんっていうのやめてくれる?

スポンサーサイト

2007年02月04日 トラックバック(0) コメント(1)

アルビ、ザムネムでしたね…
我が家でもそうですが、同じ水槽でも単種だけが病気にかかることがよくありますよ。うちは大体、チョコ系がアウトになる場合が多いのですが…(>_<)
うちのアルビは今年吐き出されたのが約30尾。そろそろもう1尾も吐き出しそうです。ちなみにディミも。。。
機会があれば里子にもらってってくださいな(^_^;)
もうちっと先の話になりますけども。。。

2007年02月06日 key URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。