スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
実家に帰らず嫁と2人で年を越しました。
アルビが咥えて12日目だったので吐き出させてみました。
さ、寒い

が、やっぱまだヨークサックがついていました。
(12~15の間で急激になくなるみたい)
以前稚魚ケースにラムズホーンを入れて全部食われたので
当たり前のように何もいれず。
14匹が生まれ2匹が☆になりました。
おなかに何かがついている!

あまり親魚に負担をかけたくなかったので
(今回は)しつこく吐き出させませんでした。
ので、口の中に数匹残ってるみたいです。
隔離ケースに入れて自然吐き出しを待ちたいと思ってます。
アイデンティティーを考えちゃうぜ…

(上手く育てば)やっと維持していけるだろうの数が誕生しました。
これからは自然吐き出しに心がけ、たまに誰かと親を交換しながら
コツコツ増やそうと思ってます。

熱帯魚を飼っていていつも思うのですが、
「コイツラは幸せなんだろうか」と考えてしまいます。
多分幸せではないでしょう。
人間のエゴにつき合わされているだけ。
だからといって不幸なのかと考えると、
生存率は驚異的に高いし、悪い事だけではないはず。

なるべく過密飼育にならないように
水草と流木を入れて魚達と付き合っていきたいと思います。

スポンサーサイト

2007年01月02日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。