スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

おっさん

熱帯魚屋で「おっさん」の様なドジョウを発見。
格安にて譲って頂きました。
体色は黄色っぽく。
ゼブラ。
顔だけ点々。
この魚の名前はなんていうのでしょうか?
知ってる方がいらしたら教えて下さい。
むりやりつれてこられたがな

動きがユーモラスで見ててあきないです。
5匹のコリとエサの奪い合い?
で押し負けてます。
変なナマズとエサの奪い合いやがな…

一方、「おっさん」と一緒に購入した卵生メダカ。
顔はまるで「パックマン」
フィール水槽に入れてみたのですが、稚魚を食いそうなくらい
凶暴と判明(エサを入れたら食らいつく様に恐れをなしました)
残念ながら隔離水槽へ。
過密してますよ~

この手前には「レッドフィンレッドノーズフィッシュ」が写ってます。
ドンドンと青色が体に乗ってきて凄いキレイになってきました。
残念ながら隔離中ですが、夏になればもっといい場所に案内されるでしょう。
左に移ってるのはハッチャーですね。
ブラインシュリンプ湧かす水槽です。

スポンサーサイト

2007年01月30日 トラックバック(0) コメント(2)

満足の写真

魚が上手く撮れない撮れないと思って早数ヶ月。
デジカメのせいにしてきたのですが、ようやく納得の一枚が撮れました。
夜の遅い時間にフィールが眠そうにしてる所を撮影。
夜だからと思って撮影モードを変えてみたらやっと本来の
魚の色に写った気がします。
撮影モードでこんなにも変わるのね。
みなさんも撮影モードをいろいろ試してみては。
って、あんましいつもと変わらない?
ねみい…

2007年01月26日 トラックバック(0) コメント(0)

腹水?その2

腹水病かと思われたアルビの腹が凹んできました。
すでに以前と変わらず…
治ったのだろうか?
それとも食べすぎだったの?
あの腹の膨らみは尋常じゃなかったのに。
なんだかわかりませんが回復して良かったです。
そ~言われてもな

最近のフィール。
まったく(いい状態の)写真を撮らしてくれません。
いつも水槽前面にスタンばってるくせになんなの?って感じ。
↓の写真は遠くから隙をついたもの。
普段は体のスポットがもう少しくっきりついてます。
いい写真の道のりは長い…
カメラ怖いんです

2007年01月25日 トラックバック(0) コメント(3)

腹水病

よ~く水槽見たら、F-1のNO1(オス)が腹水病にかかっていた。
ガビーん。
水質悪化が原因だろうか?最近水返してないし…
コレはなかなか治らないらしいですが、
どうなのでしょうか?
前に「針を刺して水を抜き、薬ずけにしたら治った」という話を
ネットで見たことがあります。
急激に死ぬ雰囲気ではないですが、早急に処置したいと思ってます。
困ったな~
苦しい…でも腹減った…

2007年01月23日 トラックバック(0) コメント(0)

にぼし

年末にちゃんと飼育しようと誓ったバイランティ。
敵もいなくなり水草の間で泳ぐようになりました。
それにしても、たま~に動きが変な奴がいる。
なぜか尾びれがかけてる奴も?
ちょっと水槽掃除でもするか…
天敵もいなくなったしね

それにしても順調なのかな~
親のバイランティーは極美だった為それを引き継いでいる。
鱗にキラキラがのってるもんね。
他にもバイランティ飼ってたけど(違う所で安く買った)
こうも違うとわね。
確実に遺伝してくんだな~
親の顔は覚えてないな…

にしても…最近数が減ったような気がする。(いくら数えても数が合わない)
病気がちなのも1・2匹いたからどこかで挟まって死んでるのかな?
と思ってたけど、水換えをしても死体がない?
コリが食ったのか?
…まさかまさか。
と水槽の裏を覗いてみた。
あ!!!!!!!(水槽裏汚くてごめんなさい)
ふた    閉めろや

ガビーン!
なにしとんのお前ら!
いくらなんでも、ラビリンスフィッシュっちゅっても無理やで!
アホー…なのは俺?
わずかな隙間からジャンピングしてたのであった…
びっくりしたで

記念?に蓋の上で撮影、
高価なにぼしが出来上がりました。
CGとちゃうで

バイランティってジャンプするのね。
隙間はなんとなく閉めました…

2007年01月21日 トラックバック(0) コメント(2)

ついに犠牲者が…

順調に育つフィールの稚魚達。
最近では水槽の上の方でもメスと一緒に浮上を繰り返す。
そしてメスはイエローゼブラになりながら威嚇を繰り返す。
オスはたま~に手伝ったフリをして他の魚を追い払う。
でも近づきすぎると「あっちいけ」と自分が追い払われる。
オスって、かわいそ。
ベタのオスとは大違いだな。
それにしても水槽汚くなってきたな~
ママとなら何処でも安全さ~

そんな中、ついにアピストによる最初の犠牲者が!
アピストが来るまでは水槽内NO.2だったプレコ。
メスが黄色くなってからは追い回されヒレがボロボロに
なっていたのですが、
体色が変になり隔離するもそのまま息を引きとりました…
ああ、ショック。
プレコも稚魚食うのかな?
(↓注:プレコは写真左です)
ワニ「死んだようには見えないがな~」

この唇に嫁は夢中だったんだけどな~
もう一匹いるのですが、違う水槽に移そうかな。
ちゅ

2007年01月19日 トラックバック(0) コメント(0)

一眼レフほすいな~

いまだに一番いいときの魚の姿が撮れないです。
手持ちカメラの性能の限界ですね。
一眼レフデジカメほすいな~(買えないけど)
前の記事の影響?で魚のエサを食べてみたんだけど、
その数時間後に下痢になったので皆さん魚のエサは食べない方が
いいかもしれません。
(稚魚の吸出しをした際に飲んだ水が悪かったのかもしれませんが)
カメラは嫌いだ

稚魚はいまんとこ普通に生きてます。
全部隔離するのはメスにかわいそうだったので20匹稚魚ケースに移して
残りの10匹くらいは残しておきました。
どんな結果になるやらです。
性別がわかるくらいになれば里子に出すのでその時は宜しくです。
(育つかどうかはわかりませんが)
ホースで吸われました。

2007年01月14日 トラックバック(0) コメント(3)

突然ですが…

突然ですが、死んだプレコが白骨化してるのを見て
風の谷のナウシカの「オーム」みたい
と思ったこと、ありますか…

突然ですが、熱帯魚を見てて
フライにしたら美味しいのかな?
と思ったこと、ありますか…

突然ですが、魚のエサ、食べてみた事ありますか…
(私はまだないですが、ウチのフェレットにプレコのエサをあげたら
おいしそうに食べてました。後で嫁にしかられました…)



2007年01月13日 トラックバック(0) コメント(2)

ちょっとびっくり

フィールフレックのメスが黄色くなってけっこう経つのだが
エサは食いに来るし、いつもと変わらない行動。
どっかに卵産み付けてンの?
他の魚あんまし追い回さないでくれる。
初登場ね

オスはたまに見せるグラデーションが素敵。
一瞬腹から背中にかけて青白くなる。
ああ、よかった(キレイになって)頼むからそのままでいてくれ。
やれば出来るのさ

と、なんとなく水槽を見ていたら。
なんと!
稚魚がいた!?
いつからいたの?
飯食ったか?
アルビのブラインをあげたら食ってた。
このままほっといて稚魚って育つのでしょうか?
ちゃんとエサよこせよ

なんか嬉しいような、楽しいような変な感じ。
うまく育てばいいのですが。
あまりいない魚なのでがんばります。

2007年01月11日 トラックバック(0) コメント(3)

ウチのアルビマルギナータ

結局アルビは20日間咥え続け強制排出後に自力で5匹吐き出しました。
今のところその後の5匹中の1匹がエサを食わなくヒョロヒョロなので
どっちがいいのかわかりません。
でも次からはほっとくつもり。
全部で18匹、3匹☆になり現在15匹です。
亡くなった稚魚は1匹が強制排出後の損傷が原因と思われ2匹は原因不明
後はスクスク飯食ってます。
次からは俺にまかせとけ

やっと大所帯になったアルビ(まったく油断は出来ないが)、
その前に生れた4匹の子供達は春には繁殖できそう。
アルビ帝国を築いていくぜ。
結局俺達オス2:メス2でした

そんな中、微妙にペアになれず監獄に送られているアルビ。
コッキーナとの戦闘で尾びれをがっつりとやられていました。
こりゃまた豪快にやられたな~
なんか、可愛そうになってきた。
とほほですよ…

2007年01月10日 トラックバック(0) コメント(0)

バイランティ水槽

ウチは水槽が少ないのでバイランティ水槽にも
アガシジペアと余ったアルビ?を入れてたんだけど
もっと真面目にバイランティを飼育しようと思い?アガシジとアルビ
をとッ捕まえる事にした。
(こんな適当飼育でも元気ハツラツバイランティ、いつかコロッといくかもね)
水草、ナナだけかよ!っという突っ込みと
底は砂かよ!という突っ込みと
照明なしかよ!(たまに点けるよ。後ろに見える黒い棒が電気スタンド)という突っ込みどころもあったりして…
もっと水草ほしいな~

で、こんな有様…どうなってんだコリャ
彼らにしてみれば命がけだもんね~
監獄に移動したんだけど、監獄の方が発色いいんですよ。
アルビもアガシジも。なんで?
なぜか安定してるんですよね~

しかし、実はコリドラスが一番バイランティにタックルかますんだよな。
でも、コリは全ての熱帯魚の中で1番の嫁のお気に入りだから移動させる事ができない…
他の水槽はソイルだしね。

2007年01月08日 トラックバック(0) コメント(0)

ブライン湧かず

先日生れたアルビ稚魚。
しかし、ブラインが思うように湧かずエサが満腹に食えない状態。
どうやら沸かしてる水槽の水温が低すぎて孵化しないみたい。
どうしよ。

ん~っと悩んでる今日この頃。
アルビの親はいまだに咥えてる模様。
時折近くに寄って来た若アルビにフィンスプしたりしてる。
飲み込むの?吐き出すの?どっち?
俺達ガングロだよね

いまだに性別のまったくわからないアピスト稚魚。
この魚がこの状態で解る人はかなりの猛者だと思う。
アガシジの場合、15mmくらいで性別わかったけどな~
どけどけどけーい!

そうだ、ブライン湧かなかったらフィールの稚魚も全滅だな~
まだ稚魚の姿見てないけど。

2007年01月05日 トラックバック(0) コメント(2)

フィールの発色

どす黒かったフィールフレックがやっとペアになったようです。
メスはほとんど隠れてるのでもう卵産みつけたんですかね。
オスもメスも写真以上にキレイです。
この状態が長く続いて欲しいものです。
やっと求婚に成功しましたよ

プロポーズの言葉は…体で表現してたので忘れました。

他の魚を威嚇するのに大変ですよ

前の写真と見比べたけどあんまし変わってないように見えますね。
でも違うんです。輝いてるんです。
子供生れたら里子だな。
まだ生れてもないけど。

2007年01月02日 トラックバック(0) コメント(0)

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
実家に帰らず嫁と2人で年を越しました。
アルビが咥えて12日目だったので吐き出させてみました。
さ、寒い

が、やっぱまだヨークサックがついていました。
(12~15の間で急激になくなるみたい)
以前稚魚ケースにラムズホーンを入れて全部食われたので
当たり前のように何もいれず。
14匹が生まれ2匹が☆になりました。
おなかに何かがついている!

あまり親魚に負担をかけたくなかったので
(今回は)しつこく吐き出させませんでした。
ので、口の中に数匹残ってるみたいです。
隔離ケースに入れて自然吐き出しを待ちたいと思ってます。
アイデンティティーを考えちゃうぜ…

(上手く育てば)やっと維持していけるだろうの数が誕生しました。
これからは自然吐き出しに心がけ、たまに誰かと親を交換しながら
コツコツ増やそうと思ってます。

熱帯魚を飼っていていつも思うのですが、
「コイツラは幸せなんだろうか」と考えてしまいます。
多分幸せではないでしょう。
人間のエゴにつき合わされているだけ。
だからといって不幸なのかと考えると、
生存率は驚異的に高いし、悪い事だけではないはず。

なるべく過密飼育にならないように
水草と流木を入れて魚達と付き合っていきたいと思います。

2007年01月02日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。