スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

最高記録

今年に入って3回目の出産を終えました。
今回は稚魚19匹の最高記録!
最近の2回は稚魚の数が一桁だったのでそろそろ年なのかな~
と思ってたのですが、まだ元気なようです。
いったいいままで何匹産んだんでしょうか?
そしてこれから何匹産むのでしょうか?
大事に育ててるつもりがいつのまにか稚魚の数が減っていくので
気をつけて(何を?)育て上げたいと思います。
初孫がみたいな~

アルビの寿命でどれ位なんですかね。
そろそろ混泳水槽で隠居生活でもさせようかと思ってます。

スポンサーサイト

2007年04月16日 トラックバック(0) コメント(0)

次はどうなる事やら

何度目の咥えだろうか?
なかなか優秀なカップルです。
F-1もそろそろ繁殖できそうなサイズになってきたし、
夏が楽しみ(屋外飼育するんだ~)
以前稚魚がエロモで崩壊と書いたけど、
生き残りが6匹ほどいてスクスク育ってます。
ちなみにこの咥え中のアルビは隔離してません。
他のアルビ(子供達)10匹程に囲まれてフゴフゴしてます。
目の前にブラインをまかれても我慢してます。
えらいな~、あと2.3日の辛抱だからな。
お腹空きました…

2007年03月16日 トラックバック(0) コメント(0)

白骨化

水槽を覗くと1つ小魚の骨が転がっていた。
これは…なに?
前の日に死体は見当たらなかったのに。
…よ~く水槽を観察すると、グリーンネオンテトラが1匹いないではないか!
(7匹だったので覚えてたんですよ)
ということは、1日で死体の肉は食われたんだな。
そんなにお腹が空いてたのかな?
まあ、いいんだけど…

アルビは相変わらず調子がいいようでフィンスプしまくってますが
メスはまったく相手にしません。
あんましエサを多めにあげないから抱卵しないのかもしれないですね。
今はこの状態を維持できればいいかな、なんて思ってます。
(右隅に見えるのがメスです。凄い勢いで逃げてます)
ちょっとは、まて~い!

2007年02月19日 トラックバック(0) コメント(2)

腹水病

よ~く水槽見たら、F-1のNO1(オス)が腹水病にかかっていた。
ガビーん。
水質悪化が原因だろうか?最近水返してないし…
コレはなかなか治らないらしいですが、
どうなのでしょうか?
前に「針を刺して水を抜き、薬ずけにしたら治った」という話を
ネットで見たことがあります。
急激に死ぬ雰囲気ではないですが、早急に処置したいと思ってます。
困ったな~
苦しい…でも腹減った…

2007年01月23日 トラックバック(0) コメント(0)

ウチのアルビマルギナータ

結局アルビは20日間咥え続け強制排出後に自力で5匹吐き出しました。
今のところその後の5匹中の1匹がエサを食わなくヒョロヒョロなので
どっちがいいのかわかりません。
でも次からはほっとくつもり。
全部で18匹、3匹☆になり現在15匹です。
亡くなった稚魚は1匹が強制排出後の損傷が原因と思われ2匹は原因不明
後はスクスク飯食ってます。
次からは俺にまかせとけ

やっと大所帯になったアルビ(まったく油断は出来ないが)、
その前に生れた4匹の子供達は春には繁殖できそう。
アルビ帝国を築いていくぜ。
結局俺達オス2:メス2でした

そんな中、微妙にペアになれず監獄に送られているアルビ。
コッキーナとの戦闘で尾びれをがっつりとやられていました。
こりゃまた豪快にやられたな~
なんか、可愛そうになってきた。
とほほですよ…

2007年01月10日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。